東京保育実技スクールは、保育士実技試験にかかわって24年。豊かな経験と多くのデータをもとに、適切なアドバイスをいたします。
平成16年からは、筆記試験を全科目合格してから実技試験を受験するようになりましたので、一発で実技試験を合格できるように実力をつけておくことが必要です。

保育実技試験の内容

 試験の詳細につきましては、社団法人全国保育士養成協議会にお問い合わせください。→全国保育士養成協議会のホームページ


【参考】平成29年度保育士試験受験申請の手引き[前期用](抜粋)
 

実技試験試験日
 前期 7月2日(日)

 後期 12月10日(日)
 

1)音楽表現に関する技術
幼児に歌って聴かせることを想定して、課題曲の両方を弾き歌いする。
求められる力:保育士として必要な歌、伴奏の技術、リズムなど、総合的に豊かな表現ができること。
課題曲
1.『こいのぼり』
2.『一年生になったら』

2)造形表現に関する技術
保育の一場面を絵画で表現する。
求められる力:保育士として必要な造形表現(情景及び人物等を豊かにイメージした描写や色使いなど)ができること。

3)言語表現に関する技術

3歳児クラスの子どもに「3分間のお話」をすることを想定し、下記の1〜4のお話のうち一つを選択し、子どもが集中して聴けるようなお話を行う。
求められる力:保育士として必要な基本的な声の出し方、表現上の技術、幼児に対する話し方ができること。
課題
1.「うさぎとかめ」 2.「おむすびころりん」 3.「3びきのこぶた」4.「にんじん、ごぼう、だいこん」






SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO